複数存在している相続の種類

相続と言ってもいろいろな種類が存在しています。
どのような種類が存在しているのかというと、最も手続きが簡単と言われている単純承認、相続をしたくない場合に行う相続放棄がよく知られているでしょう。
財産にはプラスになる物とマイナスになる物が存在しているので、マイナスが多ければ相続放棄、プラスが多ければ単純承認にするのが一般的です。

では、プラスの財産のみを受け継いで、マイナスの財産は放棄する方法はないのかというと、残念ならが存在していません。
ただし、プラスになるのかマイナスになるのかわからない場合には、限定承認という方法を用いるのがよいでしょう。
限定承認というのは、もし被相続人に借金などの負債が残っていた場合、引き継ぐことが決まっている財産の中から支払うだけでよいという方法です。
よって引き継ぐ財産よりも負債の方が多かった場合でも、返済する義務が発生しないので、マイナスになることはありません。

相続にはこの3種類が存在しているのですが、限定承認の場合には、被相続人が亡くなってから3ヵ月以内に家庭裁判所に申し出て手続きを行う必要があります。
さらに相続人が複数いた場合には、誰か1人だけが限定承認を行い、他の人は単純承認や相続放棄をするということもできません。
必ず相続人全員が限定承認を行う必要があるのです。

単純承認の場合には、何か特別な手続きを行う必要はありません。
相続放棄と限定承認は手続きが必要になります。
もちろん日本は税金大国なので、限定承認を行った際にも税金の支払い義務が発生してしまうので注意しましょう。
税金の支払いは、どのような種類の相続を行った場合でも発生するので、どれぐらい税金を徴収されてしまうのかもしっかりと把握しておくことが大切です。

このように相続にもいろいろな種類があるので、現在置かれている状況をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。
現在の情報を把握できていないと、どの種類が最もよいのか判断ができません。

コメントを残す