相続の基本となる手続き

相続が発生した場合、基本的なことはたくさん存在しているのですが、その中でも特に重要視するべきなのが手続です。
一般の人ではどのように手続きをするのかわからない場合が多いので、しっかりと基本を覚えておきましょう。

最初に行わなければいけないのは、死亡届を出すことです。
これは被相続人が死亡して7日以内と決められているので、すぐに役場に行って提出をしましょう。
死亡届を役場に提出すると、今度は火葬許可証をもらいます。
これで葬儀を行うことができるようになるのですが、ここまでは基本的なことではあるものの、相続の前に行うべき手続きです。

遺産相続の手続きは、49日の法要が済んでから行うようになるのですが、遺言書がある場合には検認を行わなければいけません。
勝手に開封することは許されていなので注意しましょう。

遺言書がない場合には遺産分割を行うのですが、どのような財産があるのかわからないケースも多いので、調査を行ってから遺産分割を行います。
遺産分割ができてからが重要なので、基本的な部分だけでも知っておきましょう。

遺産相続をするためには、遺産分割協議書の作成を行います。
遺言書があれば使用することも可能です。

不動産はまた別の手続きが必要になるので、いくら基本的なことを勉強したとしても、やはり司法書士に依頼するのがベストでしょう。
さらに相続税申告も行う必要があるので、相続の際に必要となる基本的な手続きというのはかなり大変なのです。

被相続人が亡くなってから、これだけの手続きが必要になるのですが、このような流れで進めていくという部分だけでも知っておくと、比較的スムーズに行うことができるでしょう。
基本的なことだけでも覚えるのが難しいと感じる人が多いので、このような方法で書類の作成を進めていくという部分を覚えるのではなく、流れと大体の内容を把握しておくだけで問題はありません。
後は専門家に任せてしまいましょう。
ただし、依頼する専門家は信頼できる人でなければいけません。

コメントを残す