相続の相談はどこにするのか

現在の日本はたくさんの専門家がいますが、相続が発生したときにはどこに相談をするべきなのでしょうか。
複数の専門家に相談をしてしまうとお金ばかり取られてしまうので、避けたいという人も多いでしょうが、相続のことを相談できる専門家はたくさんいます。
ざっと見ても税理士に弁護士、司法書士に行政書士などが当てはまるでしょう。
これらの専門家全てに相談をする必要はありませんが、相続というのはとても面倒なので、現在どのような状況にあるのかによって相談先を変えることが重要です。

そこで例を挙げて紹介させていただきますが、生前に争いを避けるために遺言書を作成したいと考えた場合には、行政書士に相談するのがおすすめです。
司法書士や弁護士でも相談は可能ですが、行政書士の方が料金が安くなっています。

相続税や贈与税に関しては、税務署に相談するという方法もありますが、税務署ではあまり詳しく答えてくれることがないので、やはり税理士に相談をするのがよいでしょう。
税理士であれば、申告のための書類作成なども行ってくれるので、多くの人が相続の際には税理士に相談をしているのです。

相続放棄や限定承認を行う場合には、裁判所へ書類の提出などを行う必要が出てくるので、司法書士や弁護士に依頼するようになるでしょうが、司法書士の方が料金が安くなっています。
ただし、遺産相続で争いに発展した場合には、弁護士に相談する以外にありません。

遺産相続の際に不動産を所持している場合には、司法書士に依頼する必要があります。
このように自分が置かれている状況に応じて、異なる専門家に依頼する必要があるので、かなり料金が高くなることもあるでしょう。

そこで複数の専門家と連携している事務所もあるので、このような専門機関の評判を調べ、信頼できると分かったら依頼するという方法もあります。
相続に関しての実績があり、高評価が多く良心的な事務所を探すことから始めておけば、いざというときでも安心して相談することができるでしょう。

コメントを残す