相続はいつから始めるのか

いざ相続を行うとなった場合、いつから遺産分割協議と相続手続きを行うのかわからないという人も多いでしょう。
中には即座に行わなければいけないと思っている人も多いのですが、実はそれほど焦る必要はありません。
ただし、遺産分割協議で誰がどれだけ遺産を引き継ぐのかでもめてしまうことがあるのですが、もめた場合には相続税の支払い期限までに間に合わなくなってしまうことがあります。
税金の支払いは一切待ってもらうことはできず、支払わないと税金がさらに高くなってしまうというとんでもない制度が日本にはあるので、できる限り遺産分割協議は早く行った方がよい場合もあるのです。

大半の人は少し落ち着いてから行い、短時間で終了することが多いと言えるでしょう。
相続の手続きに関しても、それほど焦って行う必要はありませんが、注意しておくべきことがいくつかあるのです。
それは先ほども触れた相続税の申告、相続の承認や放棄を決める熟慮期間、被相続人にも税金が加算されるというとんでもない状態なのが現在の日本なので、被相続人の準確定申告、遺留分減殺請求があります。
これらは期限が決められているので、必ず期限までに行いましょう。

相続税の申告は10ヵ月以内、熟慮期間は3ヵ月以内、被相続人の準確定申告は4ヵ月以内、遺留分減殺請求は遺贈などの事実を知ってから1年以内、相続開始から10年以内となっています。
特に税金に関することはかなり重要なので、相続をするのかしないのかに関係なく税理士への相談は重要なのです。

このようにいつから行うべきなのか、いつまでに行うべきなのかを知ることは大切です。
このぐらいならインターネットでも調べることができるので、ある程度の年齢になったら確認をしておきましょう。
いつから始める必要があるのかという決まりはありませんが、基本的には被相続人が死亡した日から手続きなどを行うことができます。
通常は49日の法要が終わって落ち着いてから行うことが多いでしょう。

コメントを残す